江戸川区&鶴岡市友好連携企画/学童疎開75周年記念行事 ー茨木のり子の詩から知る平和と友好のきづなー


日時:2019年11月9日(土)13:30~15:10
会場:タワーホール船堀 蓬莱の間
(都営地下鉄新宿線船堀駅下車、目の前)
参加費:2000円(10歳以上)


戦後、一貫して反戦平和を訴えて来られた、日本を代表する戦時体験者の詩人、茨城のり子さんの詩を通じて、戦争の悲惨さと平和の大切さ、そして隣国との友好の大切さについて学び、考える会です。
なお、総合司会をされる元フジテレビアナウンサーの山川建夫さんは、ベ兵連でヴェトナム反戦運動に参加された経験をお持ちの反戦平和主義者です。


●疎開体験談:学童疎開体験者
●朗読:茨城のり子の詩の朗読~『わたしが一番きれいだったとき』(多和田弓子)、『疎開児童も』(志水幸生)、『行方不明の時間』(鶴田佳子)、『ぎらりとひかるダイヤのような日』(松島邦)、『鄙ぶりの唄』(山中玲子)、『根府川の海』(高樹陽子)、『自分の感受性くらい』(山川建夫)、『倚りかからず』(村田訓吉)~以上、ピアノ即興伴奏は小森俊明
●シャンソン:ムンロ王子(歌)、小森俊明(ピアノ)
●ピアノ:小森俊明(ピアノ即興演奏)

(総合司会:山川健夫/元フジテレビアナウンサー)
主催:江戸川茨木のり子の会
後援:江戸川区役所、鶴岡区役所、茨木のり子六月の会、詩人茨木のり子の会、洸風座 他
申し込み・連絡先:佐藤建吉(kofuza@gmail.com/090-1268-5882)またはFAX:03-1268-5882 (志水幸生 宛)
ウェブサイト:http://www.kofuza.jp/ibaragi_noriko/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です