加川広重画「雪に包まれる被災地」と共に かさねがさねの想い —-震災を描いた巨大画、そしてそれぞれの想いを表現するアーティストたち。 詩劇的朗読「長旅のいしずえ」第1日目


2012年8月17日(金)15時30分開演 於:せんだいメディアテーク1Fオープンスクエア 入場無料


~曲目~


セッション [ 朗読、ヴォーカル、ギター、ネイティヴアメリカンフルート、ピアノ、舞踏、煎茶道黄檗賣茶流点前 ]


小森俊明:東日本大震災に寄せる哀歌(Pf.版)(初演)[ ピアノ ]


~出演~


しのくに(朗読、ヴォーカル、ギター)、川野太郎(朗読、ヴォーカル)、Mark Akixa(ネイティヴアメリカンフルート)、小森俊明(ピアノ)、襲田美穂(舞踏)、唐木岱仙(煎茶道黄檗賣茶流点前)、岡本由利子(ピアノ)


(主催:加川広重、協力:仙台美術協会、アトムリビンテック株式会社、後援:武蔵野美術大学校友会、(公財)仙台市市民文化事業団、(公財)宮城県文化振興財団)


お問い合わせ:加川広重


http://kagawahiroshige.com


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です