消費を促す原発。


 今回は、ごくごく入門編的なことを。


 政府と電力会社が原発を推進する大義名分の根幹が、今や崩れ去った「CO2非排出」のメリットであるわけだが、実は、原発は今回の事故で誰の目にも明らかになった通り、停止するのが非常に難しい発電システムである。政府と電力会社がいわゆる「オール電化」を推進する理由は、ここにある。つまり、電力消費量が少なくなる(オフピーク)時にも電気を消費させることで、原発の安定した電力供給を促そうとするものである。環境問題など端から考えていないのである。もっとも、地球温暖化そのものが疑わしいものではあるが。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です