加川広重巨大絵画「南三陸の黄金」と共に かさねがさねの想い2 ――被災地の今を描いた巨大画、そしてそれぞれの想いを表現するアーティストたち。 詩劇的朗読「こころの駅」第3日目

公演日:2013年8月18日

於:せんだいメディアテーク 1Fオープンスクエア
曲目1:東日本大震災に寄せる哀歌(Pf.版)(再演)
曲目2:2012年の思想(再演)
曲目3:芽吹き、呼吸する(再演)
曲目4:揺るぎないもの(再演)
出演者1~4:小森俊明(ピアノ)
曲目5:即興演奏(セッション)
出演者5:佐々木久美子(ダンス)、しのくに~松村志野(ヴォーカル)、齊藤邦彦(パーカッション)~、小森俊明(ピアノ)
曲目6:飛び立ち、輝く(再演)
出演者6:小森俊明(ピアノ)
曲目7:即興演奏(セッション)
出演者7:襲田美穂(舞踏)、小森俊明(ピアノ)
曲目8:即興演奏(セッション)
出演者8:襲田美穂(舞踏)、しのくに~松村志野(ヴォーカル)、齊藤邦彦(パーカッション)~、小森俊明(ピアノ)
主催:かさねがさねの想い2実行委員会
協力:仙台美術協会、仙台市市民協働推進課、宮城県詩人会、
後援:(公財)宮城県文化振興財団、(公財)仙台市市民事業団
助成:アート・サポート・センター神戸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です